医療脱毛の効果は脱毛機で決まる!?脱毛機の種類を解説!

医療脱毛は、使用されている脱毛機の種類によって全然効果が違います。

 

脱毛機の種類によっては激しい痛みを伴ったり、また、いまいち効果が感じられないというようなこともあるので、契約前にきちんとチェックしておきましょう。

ライトシェアデュエット

ダイオードレーザーという種類のレーザー脱毛機の最新機種で、多くのクリニックで採用されている信頼できる機械です。
出力が高いこと、照射面が長方形なので照射漏れが起きにくいのが特徴。
また、照射部分を吸引しながら照射するので痛みを感じにくく「ほぼ無痛」の医療脱毛を実現した機械です。

 

ジェントルレーズ

アレキサンドライトレーザーという種類のレーザー脱毛機の最新機種で、こちらも多くのクリニックで採用されている機械で信用できます。
ライトシェアデュエットをはじめ多くの脱毛機ではジェルを塗布してから照射するものですが、ジェントルレーズはジェルが不要なのでスピーディに施術できるというのが魅力です。
冷却ガスを出しながら照射するので痛みも少ないですよ。

 

ジェントルヤグ

ヤグレーザーという種類のレーザー脱毛機。
ヤグレーザーは暗い色の皮膚にも効果を発揮できるという特徴があり、日焼けした肌や詩磯沈着を起こしている肌にも使えます。
脱毛のパワー自体はアレキサンドライトやダイオードには劣りますが、この2大機種の補佐的に使用されることが多いです。
ピーリング効果があるので、しわや毛穴の軽減など美容メニューには幅広く使われるマシンです。

 

コメット

ダイオードと高周波エネルギーを組み合わせた脱毛機。
肌が弱い人や、産毛の脱毛に向いています。
これも、ダイオード&アレキサンドライトの2大機種の補佐的に使われています。

 

他にも、脱毛機にはいろいろな種類がありますが、基本的には「ライトシェアデュエット」もしくは「ジェントルレーズ」を使っているクリニックを選べば間違いありません。
人によってどちらが合うか、という相性の問題はあるので、はじめはいきなり高額な契約はせず、お試しだけしてもらうのがおすすめですよ。